文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > 市場取引検索 > 九州1歳市場 サラブレッド 1歳



2016年度 九州1歳市場 サラブレッド 1歳

  • 2016年 11月 10日現在
区分 頭数(頭) 価格 前年
総額(円) 最高(円) 最低(円) 平均(円) 頭数(頭) 平均価格(円)
9 22,572,000 4,320,000 1,080,000 2,508,000 9 2,160,000
2 5,400,000 3,024,000 2,376,000 2,700,000 5 1,944,000
7 17,172,000 4,320,000 1,080,000 2,453,142 4 2,430,000
JRA
日本中央競馬会
1 3,888,000 3,888,000 3,888,000 3,888,000 1 3,240,000
- - - - - - -
1 3,888,000 3,888,000 3,888,000 3,888,000 1 3,240,000
一般 8 18,684,000 4,320,000 1,080,000 2,335,500 8 2,025,000
2 5,400,000 3,024,000 2,376,000 2,700,000 5 1,944,000
6 13,284,000 4,320,000 1,080,000 2,214,000 3 2,160,000
主取 9 36,500,000 8,000,000 1,500,000 4,055,555 12 3,125,000
2 9,500,000 8,000,000 1,500,000 4,750,000 7 2,785,714
7 27,000,000 7,000,000 2,500,000 3,857,142 5 3,600,000
  • ※1 平均価格前年比較  売却 348,000円 (16.1%) 高
  • ※1 主取  930,555円 (29.8%) 高
  • ※2 出場頭数前年比較  3頭減
  • ※3 売却頭数前年比較  -頭増減なし
  • ※4 出場馬に対する売却馬百分率 50.0% 前年 (42.9%)に対し  7.1%増
  • ※5 総売上額前年比較  22,572,000円 前年 (19,440,000円)に対し 3,132,000円(16.1%)増(消費税込み)

総売上額22,572,000円で前年比16.1%増、平均価格の2,508,000円は1999年以降で最高
最高価格は父ストラヴィンスキー(USA)、母シンコペーション 鹿児島県産牝駒の4,320,000円


 九州1歳市場は7月26日(火)、大崎町のJBBA九州種馬場において九州軽種馬協会の主催で行われた。上場頭数18頭(牡4,牝14)、売却頭数は9頭(牡2,牝7)、売却率は50.0%で前年比7.1ポイントプラス。総売上額は22,572,000円で前年比16.1%増加、平均価格は2,508,000円で前年を16.1%上回った。
 最高価格は父ストラヴィンスキー(USA)、母シンコペーションの鹿児島県産牝駒で、4,320,000円で鹿児島県の山下良子氏に購買された。牡の最高価格は父アッミラーレ、母イサミステルスの産駒で鹿児島県の柳田英子氏に3,024,000円で購買された。団体購買はJRAが牝1頭を3,888,000円で購買した。種牡馬別平均価格首位は、マツリダゴッホの3,888,000円。
 柏木務九州軽種馬協会会長からは、「序盤は8頭連続主取りで一時はどうなるかと思った。上場頭数が少ないので、購買者の購買希望が1〜2頭に集中してしまう。人気馬以後の上場馬は、割と良い価格で購買され、再上場馬もまずまずの価格で売却される展開となった。
 牡馬が少なく牝馬に偏った市場だったが、平均価格も上昇し、最終的にはまずまずの結果となった。来年も今年同様の日程で、上場頭数を増やして、購買者のニーズに応えたい。」とのコメントがあった。
(注:せりにおける価格はすべて消費税込みで記載しています)

最高価格馬

  上場番号 父馬名 母馬名 売却価格 購買者 販売申込者
3 PDF アッミラーレ イサミステルス 3,024,000円 柳田 英子 本田 土寿
写真
10 PDF ストラヴィンスキー(USA) シンコペーション 4,320,000円 山下 良子 釘田 義美
写真