文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > 市場取引検索 > JRAブリーズアップセール サラブレッド 2歳



2016年度 JRAブリーズアップセール サラブレッド 2歳

  • 2016年 11月 10日現在
区分 頭数(頭) 価格 前年
総額(円) 最高(円) 最低(円) 平均(円) 頭数(頭) 平均価格(円)
72 720,576,000 36,720,000 2,160,000 10,008,000 67 9,939,385
36 393,984,000 36,720,000 2,160,000 10,944,000 35 11,046,857
36 326,592,000 27,000,000 3,240,000 9,072,000 32 8,728,087
一般 72 720,576,000 36,720,000 2,160,000 10,008,000 67 9,939,385
36 393,984,000 36,720,000 2,160,000 10,944,000 35 11,046,857
36 326,592,000 27,000,000 3,240,000 9,072,000 32 8,728,087
主取 - - - - - - -
- - - - - - -
- - - - - - -
  • ※1 平均価格前年比較  売却 68,615円 ( 0.7%) 高
  • ※2 出場頭数前年比較  5頭増
  • ※3 売却頭数前年比較  5頭増
  • ※4 出場馬に対する売却馬百分率 100.0% 前年 (100.0%)に対し  0.0%増減なし
  • ※5 総売上額前年比較  720,576,000円 前年 (665,938,800円)に対し 54,637,200円( 8.2%)増(消費税込み)

上場72頭、72頭売却で売却率100.0% 総売上額720,576,000円は前年比.8.2%増最高価格は父ルーラーシップ、母ウルトラペガサス(USA)牡駒の36,720,000円


 JRAブリーズアップセールは4月26日(火)、船橋市の中山競馬場で行われた。来場馬主数は199名(昨年188名)で前年より11名増だった。
 上場頭数は72頭(牡36,牝36)で、当日全頭が売却され、売却率は100.0%だった。総売上額は,720,576,000円で前年比8.2%増、平均価格は10,008,000円(牡10,944,000円、牝9,072,000円)で前年比0.7%アップとなった。牡牝の価格差は昨年よりもさらに縮まり、1,872,000円の差となった。
 最高価格馬は、父ルーラーシップ、母ウルトラペガサス(USA)の牡駒で、騎乗供覧のタイムも2F23.5秒(12.1-11.4)と軽快なスピードを披露し、兵庫県の三田昌宏氏に36,720,000円で購買された。牝の最高価格馬は父パイロ(USA)、母セイカシリアスの牝駒で、27,000,000円で鹿児島県の山元哲二氏に購買された。騎乗供覧で2F22.8秒(11.5-11.3)の一番時計をマークした父ケイムホーム(USA)、母スターリースカイの牡駒は仕上がりの早さも評価され、24,840,000円で、東京都の清水正江氏に購買された。また、新規馬主限定セッションの真っ先に上場されたJRAホームブレッドのアルデバランU(USA)牡駒が8,640,000円の好価格で兵庫県の永山勝敏氏に購買された。
 木村一人馬事部担当理事からは「12回目となったJRAブリーズアップセールに本年も多くの購買者の皆様にご参加いただき感謝申し上げる。積極的な情報開示に取り組み、わかりやすく安心して参加できるセール運営を目指してきた結果が、好成績につながったものと考えている。『新規馬主限定セッション』にも、多くの新規馬主の方にご参加いただけた。馬主の皆様が参加しやすい透明性の高いせり市場の実現と普及にJRAでは今後も取り組んでいきたい。本日購買された競走馬たちが順調に成長し、新馬戦をはじめとする新たなステージで活躍することを祈念している。」とのコメントがあった。
(注:せりにおける価格はすべて消費税込みで記載しています)

最高価格馬

  上場番号 父馬名 母馬名 売却価格 購買者 販売申込者
15 PDF ルーラーシップ ウルトラペガサス(USA) 36,720,000円 三田 昌宏 日本中央競馬会
写真
58 PDF パイロ(USA) セイカシリアス 27,000,000円 山元 哲二 日本中央競馬会
写真