文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > 市場取引検索 > 九州1歳市場 サラブレッド 1歳



2018年度 九州1歳市場 サラブレッド 1歳

  • 2018年 10月 04日現在
区分 頭数(頭) 価格 前年
総額(円) 最高(円) 最低(円) 平均(円) 頭数(頭) 平均価格(円)
11 27,000,000 3,996,000 1,620,000 2,454,545 8 2,970,000
3 8,856,000 3,780,000 2,160,000 2,952,000 5 3,132,000
8 18,144,000 3,996,000 1,620,000 2,268,000 3 2,700,000
JRA
日本中央競馬会
1 3,996,000 3,996,000 3,996,000 3,996,000 1 3,780,000
- - - - - - -
1 3,996,000 3,996,000 3,996,000 3,996,000 1 3,780,000
一般 10 23,004,000 3,780,000 1,620,000 2,300,400 7 2,854,285
3 8,856,000 3,780,000 2,160,000 2,952,000 5 3,132,000
7 14,148,000 2,484,000 1,620,000 2,021,142 2 2,160,000
主取 9 28,500,000 10,000,000 - 3,166,666 7 3,214,285
3 17,000,000 10,000,000 2,500,000 5,666,666 6 3,333,333
6 11,500,000 3,500,000 - 1,916,666 1 2,500,000
  • ※1 平均価格前年比較  売却 515,455円 (17.4%) 低
  • ※1 主取  47,619円 ( 1.5%) 低
  • ※2 出場頭数前年比較  5頭増
  • ※3 売却頭数前年比較  3頭増
  • ※4 出場馬に対する売却馬百分率 55.0% 前年 (53.3%)に対し  1.7%増
  • ※5 総売上額前年比較  27,000,000円 前年 (23,760,000円)に対し 3,240,000円(13.6%)増(消費税込み)

総売上額27,000,000円で前年比13.6%増 平均価格は2,454,545円で前年比17.4%低
最高価格は父フリオーソ 母プラチナアリュール牝駒の3,996,000円


 九州1歳市場は6月26日(火)、大崎町のJBBA九州種馬場において九州軽種馬協会の主催で行われた。せり会場のレイアウトは好評だった昨年と同じ。上場頭数は20頭(牡6,牝14)、売却頭数は11頭(牡3,牝8)、売却率は55.0%で前年比1.7ポイントプラス。総売上額は27,000,000円で前年比13.6%増加、平均価格は2,454,545円で前年を17.4%下回った。昨年急上昇した中間価格は2,160,000円で前年比38.5%ダウンとなった。
 最高価格馬は父フリオーソ、母プラチナアリュールの牝駒で、3,996,000円で東京都のJRA日本中央競馬会に購買された。牡の最高価格は父ケイムホーム(USA)、母コチョウサンの産駒で、埼玉県の鈴木照雄氏に3,780,000円で購買された。
 柏木務九州軽種馬協会会長からは、「ほぼ例年並みの成績だったと思う。高価格馬に購買者のニーズが集中する傾向も変わらなかった。今回、遅生まれのために主取りとなった馬も、来年の2歳のトレーニングセールでは楽しみがあるように思う。2歳馬のデビュー時期も視野に入れると、来年もこの日程でと考えている。18年の管内生産頭数は増えているので、来年の1歳市場はこれまで以上に、上場頭数を揃えて、購買者のニーズに応えたい。」とのコメントがあった。
(注:せりにおける価格はすべて消費税込みで記載しています)

最高価格馬

  上場番号 父馬名 母馬名 売却価格 購買者 販売申込者
2 PDF ケイムホーム(USA) コチョウサン 3,780,000円 鈴木 照雄 本田 土寿
写真
13 PDF フリオーソ プラチナアリュール 3,996,000円 JRA日本中央競馬会 田上 勝雄
写真