文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > トピックス > 馬産地ニュース > 日高軽種馬共同育成公社で北海道トレーニングセールの事前追切り調教VTR撮影とアナボリックステロイド検査用採血


馬産地ニュース

2022年04月28日 日高軽種馬共同育成公社で北海道トレーニングセールの事前追切り調教VTR撮影とアナボリックステロイド検査用採血

 4月20日、21日の2日間、北海道市場を主催する日高軽種馬農業協同組合は、新冠町節婦にある日高軽種馬共同育成公社において、北海道トレーニングセール上場馬の事前追切り調教VTR撮影とアナボリックステロイド検査用採血を行った。

 事前追切り調教VTR撮影には、20日に31頭、21日に48頭の合計79頭が参加。日高軽種馬共同育成公社にある砂厚10p、勾配2%のダート1200mで行われ、ラスト1ハロンのタイムを計測した。

 20日は上場番号52番のリアハッピー2020、上場番号82番のジュエルド2020、上場番号91番のサパス2020、上場番号132番のダイメイジュエリー2020の4頭が、ラスト1ハロンを11.1秒で駆け抜け最速タイ。4頭とも飼養者は日高町幾千世にある(株)門別牧場になる。

 21日は上場番号26番のモアスマイル2020が11.0秒を計測。2日間通しての一番時計を計測した。同馬は父がスマートファルコン、母の父がホワイトマズルという牡の鹿毛。おばに2002年のオークス馬スマイルトゥモローがいる血統で、販売申込者・所有者は新ひだか町静内田原の(有)千代田牧場、生産者は久保秀雄氏、飼養者は日高町幾千世の(株)門別牧場になる。

 撮影された調教映像は4月28日にオンラインカタログ上にて公開。映像を収めたDVDは5月上旬頃完成し、希望者に送付される。

 本年の北海道トレーニングセールは、5月24日に札幌市中央区にあるJRA札幌競馬場で開催。開催方法は、新型コロナウイルス感染症の感染予防対策を講じての「通常開催」になる。やむを得ず来場できない場合に限り、WEBサイトを利用したオンラインビッドシステムによる購買参加が可能となる。

 購買者登録は事前登録のみ。購買者登録の締切は5月9日になっている。購買登録者へは、事前に「購買登録受付通知書」と「入構章」を送付。当日は入構章がないとセールエリア内へ入場できない。

 セールスケジュールは、事前下見日が5月22日10時〜15時、公開調教が5月23日10時から。セール当日の5月24日は、開場が8時、せりが10時からとなっている。