文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > トピックス > 重賞ウイナーINFORMATION > シェーングランツ


重賞ウイナーINFORMATION

  • サラ系2歳 (国際)牝(指定) 馬齢
  • 芝1600M
  • 天候:晴
  • 芝:良

シェーングランツ

戦歴 3戦2勝 生産者 社台ファーム 馬主 (有)社台レースホース
調教師 藤沢和雄 騎手 武豊

取材ノート

 産まれながらのスターホースとは、シェーングランツのことを言うのだろう。父は日本を代表するトップサイアーのディープインパクトで、母はG1 6勝馬のスタセリタ。そして半姉のソウルスターリングは阪神JF(G1)とオークス(G1)を優勝。デビュー前から様々な取材媒体で取り上げられ、姉と同じ札幌開幕週に迎えたメイクデビュー札幌では、その姉と同様に1番人気の支持を集めた。

 「幼少期からたくさんのお客様に見ていただいておりました。それもあるのか、調教厩舎に来た時点ですでに人慣れしており、姉の同時期よりも従順な印象を受けました」と話すのは社台ファームの正岡稔調教主任。まさに「良家のお嬢様」を地で行くようなシェーングランツであったが、調教で見せた動きは「一流のアスリート」だった。

 「前肢の伸びが良く、雄大なフットワークで動くので、普段の調教から窮屈な動きはさせないようにと心がけて接してきました」

 そう話す正岡調教主任も期待をして見ていたメイクデビュー札幌だったが、最後の直線で伸びあぐねて5着に敗退。しかし、続く2歳未勝利戦で能力の高さを証明することになった。

 「札幌の短い直線だけの競馬で5馬身差をつけてくれた時には、まだ直線が長くなる、東京といったコースは、更に持ち味を生かせる舞台だと楽しみにしていました」

 アルテミスS(G3)は、まさにその持ち味が生かされたレースとなった。道中は後方に待機していたシェーングランツであったが、最後の直線で外に進路を向けると、そこから一気に末脚を伸ばして行く。上がり3ハロンはメンバー中最速の33秒8となったが、その末脚は切れと言うよりも、まさに直線が伸びれば伸びるほど、更にスピードを増していくような印象さえあった。

 

 「ゴール前では綺麗に差し切ってくれて本当に嬉しかったです。鞍上を務めてくれた武豊さんのエスコートにも痺れました」と話す正岡調教主任。

 しかしながら、鞍上を務めた武豊騎手からも、「直線に向いて外に出してから走るフォームも変わって、すごい脚を使ってくれました。本当に素質の高さを感じます」と、その末脚と能力の高さを絶賛するコメントが聞かれている。次走は姉ソウルスターリングも制した阪神JF(G1)を予定。姉妹制覇の向こうにあるのは、再び姉妹制覇となるオークス(G1)、いや、姉が果たせなかった牝馬三冠制覇ともなるのかもしれない。