文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > トピックス > 重賞ウイナーINFORMATION > ダノンファンタジー


重賞ウイナーINFORMATION

  • サラ系2歳 (国際)牝(指定) 馬齢
  • 芝1600M
  • 天候:晴
  • 芝:良

ダノンファンタジー

戦歴 4戦3勝 生産者 ノーザンファーム 馬主 (株)ダノックス
調教師 中内田充正 騎手 C.デムーロ

取材ノート

 今年の阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)はノーザンファーム生産馬のワンツースリーフィニッシュとなった。その3頭共に、ノーザンファーム早来の育成馬であり、勝利したダノンファンタジーの育成を手がけていたのは村上厩舎。この勝利により、ノーザンファーム早来の牝馬育成厩舎は、4厩舎での管理となってから、全ての厩舎からG1馬が誕生したこととなる。

 「ノーザンファーム早来の牝馬グループで、上位を独占できたことも嬉しかったですが、その中でダノンファンタジーが勝ってくれたことに感動しました」と話すのは村上隆博厩舎長。今年に入ってから特に目覚ましい活躍を見せているノーザンファーム早来の育成馬。アーモンドアイは牝馬三冠に加えてジャパンC(G1)も驚異的なレコードで優勝。リスグラシューも8度目の挑戦でG1タイトルを手にして見せた。

 「厩舎長となる前から一緒に仕事をさせてもらっていた日下(和博調教主任)さんや、周りの方々からも期待をされてきただけに、その期待に答えられずにいたというプレッシャーを感じてきました。まだまだ足りているとは言えませんが、この勝利でほんの少しでも恩返しのようなことができたのではと思っています」

 阪神ジュベナイルフィリーズ(G1)当日の阪神競馬場、村上厩舎長と共に阪神競馬場へと出向いたのは、日下調教主任だった。この日の阪神競馬場だが、村上厩舎長が応援に来たのを祝したかのように、育成馬の活躍が目覚ましく、4レースの2歳未勝利戦のタンタラスに続き、5レースのメイクデビュー阪神でもティグラーシャが勝利。

 「出来過ぎのような気もしましたが、ダノンファンタジーへの期待が更に膨らんだのは事実でした。パドックに入ったばかりの頃はテンションの高さも見受けられましたが、周回を重ねてくるにつれて落ち着きも見られてくるようになりましたし、状態の良さも申し分なかっただけに、あとは自分の競馬ができれば、いい結果が付いてくるとも思っていました」

 そのレースだが、ダノンファンタジーが戦ってきたこれまでの3戦とは違い、C・デムーロ騎手は後方3番手からのレースを選択する。

 「後方からレースを進めるとのイメージを持っていましたが、自分のイメージよりも更に後だったので、ここからどのようなレースを見せるのだろうかと思いました。ただ、レースが流れていたので、これなら届くとも信じていました」

 最後の直線、大外に進路を取ったダノンファンタジーだが、そこに襲いかかってきたのがクロノジェネシス。内からはビーチサンバが迫ってくる。

 「最後の直線は届くのかなとひやひやしていたら、途中から粘れと思うようになっていました。ただただ、必死に叫んでいました」

 しかしながら、半馬身差凌いでいたのはダノンファンタジー。この日の競馬の神様は、C・デムーロ騎手と村上厩舎長にだけ微笑んでいたのかもしれない。

 厩舎長を任されてからは、どうしても欲しかったという育成馬のG1タイトル。しかしながら、そのタイトルをもたらしてくれたのは、周りの関係者だと村上厩舎長は話す。

 「共に働いている育成スタッフや日下調教主任。中間の管理を担当してくれたノーザンファームしがらきのスタッフ。中内田先生や厩舎の皆さんなど、ダノンファンタジーに関係してくださった、皆さんに感謝するだけです」

 現在、日下厩舎だった場所で育成馬の管理を行っている村上厩舎。休憩室には日下調教主任と共に送り出してきた、ブエナビスタといった名馬たちの思い出の品が飾られている。今後、そこには「村上厩舎」となってからの活躍馬が次々と並んでいくことになるのだろう。