文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > トピックス > 重賞ウイナーINFORMATION > グランアレグリア


重賞ウイナーINFORMATION

  • サラ系4歳上 (国際)牝(指定) 定量
  • 芝1600M
  • 天候:曇
  • 芝:良

グランアレグリア

戦歴 13戦8勝 生産者 ノーザンファーム 馬主 (有)サンデーレーシング
調教師 藤沢和雄 騎手 C.ルメール

取材ノート

 JRA史上初となる古馬芝マイルG1完全制覇を、このヴィクトリアマイル(G1)で果たしたグランアレグリア。そもそも牝馬が牡馬を向こうに回して、同一年度に安田記念(G1)とマイルCS(G1)を勝利しているのが、史上2頭目(牡馬も含めると8頭目)という快挙でもある。

 そう思うと、牝馬限定G1となったヴィクトリアマイル(G1)は、これまでのG1よりもメンバー的には手薄になったが、それでも牧場での成長過程を見守り続けた、ノーザンファーム空港の窪田淳調教主任は、決して楽観視をしていなかった。

 「圧倒的な一番人気に支持していただけたのは光栄だと思った一方で、競馬は何があるか分からないと思いながらレースを見ていました」(窪田調教主任)

 しかしながら、結果は2着のランブリングアレーに4馬身差をつける快勝。その圧巻のレース内容に、「やっぱり強い馬だと驚いたというよりも、その強さに納得させられるような勝利でした」と窪田調教主任は舌を巻く。

 デビュー以来、初めての芝2000mでのレースとなった大阪杯(G1)では距離だけでなく、重馬場の影響もあったのか4着に敗退。その後はノーザンファーム天栄で調整が行われたグランアレグリアであったが、ヴィクトリアマイル(G1)に向けて日に日に調子を上げていく姿は、窪田調教主任の元にも入ってきていた。

 「天栄のスタッフも、大阪杯(G1)よりいい調整ができていると話してましたし、特に体の締まりが前回とはまるで違うとも言っていました。今回のパドックではピリッとした一面も見せていましたが、それだけ身体が出来上がっていたということなのかもしれません」

 また、ヴィクトリアマイル(G1)の快勝に際しては、「能力を遺憾なく発揮させた、ルメール騎手の好騎乗もあった」と窪田調教主任は話す。

 「好スタートを切って、あの位置取りでレースをさせた時点で勝負が決まったような印象を受けました。さすがとしか言いようがありません」

 そのヴィクトリアマイル(G1)からは中2週のレースとなった、今回の安田記念(G1)。レース間隔が詰まっていることもあり、放牧を挟まずに藤沢厩舎での調整となったが、窪田調教主任の元にも順調な調整ぶりが伝えられている。

 「これほどの馬に携わったという経験をさせてもらえたことだけでも光栄ですし、それは育成厩舎のスタッフも一緒の気持ちだと思います。しかも、ノーザンファーム天栄、そして藤沢先生や厩舎の皆さんと、グランアレグリアを通して繋がりを持てていることは大切なことであり、それだけにみんなで更に高みを目指していきたいです」

 昨年に続いて、今年も安田記念(G1)を制覇すると、牝馬としては08年と09年に連覇したウオッカ以来の快挙。グレード制導入後では、牡馬でもヤマニンゼファーしか達成してない記録でもあるが、今のグランアレグリアなら、やすやすと達成してしまうのかもしれない。