文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > トピックス > 重賞ウイナーINFORMATION > ピースオブエイト


重賞ウイナーINFORMATION

  • サラ系3歳 (国際)(特指) 別定
  • 芝1800M
  • 天候:小雨
  • 芝:稍重

ピースオブエイト

戦歴 3戦3勝 生産者 ノーザンファーム 馬主 有限会社シルク
調教師 奥村豊 騎手 藤岡佑介

取材ノート

 昨年の日本ダービー(G1)を制したシャフリヤールを始めとして、勝ち馬にG1馬の名前が並ぶ毎日杯(G3)。今年、出世レースを制したのは、この勝利で無傷の3連勝をあげたピースオブエイトとなった。

 「こちらに来た頃から馬体の作りがしっかりとしており、調教も順調に進んだ一方でなかなか馬体が絞れない時期もあり、時には気の難しさも覗かせることもありました」と話すのは、育成を手掛けたノーザンファーム空港の高見優也厩舎長。2歳の7月に迎えたデビュー戦では、折り合いの心配を見せることなく、見事に勝利。ただ、その後に左前脚の繋靭帯に疲れが出たことから、約8か月の休養に入る。

 「その間はノーザンファームしがらきのスタッフたちが管理をしてくれていましたが、ここでいい状態に戻してもらえたことが、その後の活躍に繋がっていると思います」(高見厩舎長)

 そして、復帰戦となるアルメリア賞では、休み明けと言うことでテンションの高さこそ見せていたものの、見事に勝利。毎日杯(G3)に駒を進めていった。

 その毎日杯(G3)では好スタートから、他馬に先駆けて先手を奪うと、その後はレースの主導権を握っていく。

 「こちらの調教でも気持ちの入りやすい面があっただけに、無理に抑えていくよりも、前目でレースをさせた方がいいのではと思っていました。それでもゴール前での勝負根性には驚かされました」(高見厩舎長)

 最後の直線、馬場の最内に進路を取ったピースオブエイトを目掛けて、他の9頭が一気に迫ってくる。残り1ハロンで後ろに付けていたベジャールが並び駆けてくるも、交わされなかったどころか、そこから更に差を広げていく。結果は3/4馬身差を付けてのゴール。クラシック戦線の新星として名乗りをあげた。

 次走のローテーションも注目された中、4月29日にオーナーサイドから日本ダービー(G1)への参戦が発表。これまでの3連勝は全て芝1800mとなるが、デビュー以来初めての東上と、そして、東京競馬場芝2400mの舞台に挑むこととなる。

 「牧場での印象やここまでのレース内容からしても、芝の中距離に高い適性があったことは明らかですが、同世代の馬たちと、日本ダービー(G1)の舞台でどんなレースをしてくれるか楽しみです。いつか大きなところを取れるのでは、と思ってきましたが、それが、日本ダービー(G1)で叶えられたらとも期待しています」と高見厩舎長。ここまでの3戦で差して良し、そして逃げて良しのレースを見せているピースオブエイトだが、日本ダービー(G1)のゴール前でも叩き合いとなった時に、最もその強さが発揮されることになりそうだ。