文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > 市場取引検索 > 八戸市場 サラブレッド 1歳



2016年度 八戸市場 サラブレッド 1歳

  • 2017年 07月 04日現在
区分 頭数(頭) 価格 前年
総額(円) 最高(円) 最低(円) 平均(円) 頭数(頭) 平均価格(円)
26 70,524,000 6,048,000 1,080,000 2,712,461 31 3,038,283
11 36,504,000 5,400,000 1,620,000 3,318,545 20 3,235,140
15 34,020,000 6,048,000 1,080,000 2,268,000 11 2,680,363
JRA
日本中央競馬会
3 14,472,000 6,048,000 3,456,000 4,824,000 4 3,807,000
2 8,424,000 4,968,000 3,456,000 4,212,000 1 5,508,000
1 6,048,000 6,048,000 6,048,000 6,048,000 3 3,240,000
一般 23 56,052,000 5,400,000 1,080,000 2,437,043 27 2,924,400
9 28,080,000 5,400,000 1,620,000 3,120,000 19 3,115,515
14 27,972,000 3,564,000 1,080,000 1,998,000 8 2,470,500
主取 16 - - - - 23 -
6 - - - - 3 -
10 - - - - 20 -
  • ※1 平均価格前年比較  売却 325,822円 (10.7%) 低
  • ※2 出場頭数前年比較  12頭減
  • ※3 売却頭数前年比較  5頭減
  • ※4 出場馬に対する売却馬百分率 61.9% 前年 (57.4%)に対し  4.5%増
  • ※5 総売上額前年比較  70,524,000円 前年 (94,186,800円)に対し 23,662,800円(25.1%)減(消費税込み)

総売上額70,524,000円で前年比25.1%減も、売却率61.9%は八戸サラ市場の最高
最高価格はシンボリクリスエス(USA)牝駒の6,048,000円


 青森県軽種馬生産農業協同組合主催の八戸市場は7月5日(火)、南部町の八戸家畜市場で開催された。上場頭数は42頭(牡17,牝25)で、売却頭数は26頭(牡11,牝15)。売却率の61.9%は前年比4.5ポイントプラスで、これまでの最高となった。総売上額は70,524,000円で前年比25.1%の減、平均価格は2,712,461円で前年比10.7%マイナスとなり、良く売れたが安かったとの印象で、評価が難しい結果となった。中間価格は2,484,000円で前年を8.0%下回った。
 最高価格馬は父シンボリクリスエス(USA)、母グランドアメリフローラ(USA)の牝駒で、東京都のJRA日本中央競馬会に6,048,000円で購買された。牡駒の最高価格馬は父ケイムホーム(USA)、母マルターズホビー(USA)の産駒で、新冠町の(有)コスモヴューファームに5,400,000円で購買された。
 団体購買はJRA日本中央競馬会が3頭(牡2,牝1)を総額14,472,000円で購買した。種牡馬別産駒平均価格は、シンボリクリスエス(USA)の6,048,000円、次いでロージズインメイ(USA)の4,968,000円の順。初産駒世代種牡馬では、モンテロッソ(GB)の2,376,000円がトップ。
 昨年に続き、韓国から来場したKim Kab Soo氏がカネヒキリの牝駒を1,620,000円で購買した。
 山内正孝組合長からは「平均価格が前年比で10.7%下がったのが全体に響いた。購買登録者数はぼぼ前年同数の83名、売却率が60%を超えたのは評価できる。新進種牡馬の産駒も揃えて種牡馬29頭のバラエティに富んだラインアップも良かったと思う。一昨年、市場成績が落ち込み、対応として繁殖牝馬の導入事業を行った。それらの産駒は来年上場となるので、来年以降も7月開催を定着させ、更なる上場頭数確保に努めて、八戸市場を何とか盛り上げていきたい。」とのコメントがあった。
(注:せりにおける価格はすべて消費税込みで記載しています)

最高価格馬

  上場番号 父馬名 母馬名 売却価格 購買者 販売申込者
24 PDF ケイムホーム(USA) マルターズホビー(USA) 5,400,000円 (有)コスモヴューファーム スプリングファーム
写真
19 PDF シンボリクリスエス(USA) グランドアメリフローラ(USA) 6,048,000円 JRA日本中央競馬会 (株)タイヘイ牧場
写真