文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > 市場取引検索 > セレクトセール サラブレッド 当歳



2018年度 セレクトセール サラブレッド 当歳

  • 2018年 10月 04日現在
区分 頭数(頭) 価格 前年
総額(円) 最高(円) 最低(円) 平均(円) 頭数(頭) 平均価格(円)
205 8,918,100,000 313,200,000 5,400,000 43,502,926 190 49,410,000
136 6,707,340,000 313,200,000 6,480,000 49,318,676 129 54,753,488
69 2,210,760,000 113,400,000 5,400,000 32,040,000 61 38,109,836
一般 205 8,918,100,000 313,200,000 5,400,000 43,502,926 190 49,410,000
136 6,707,340,000 313,200,000 6,480,000 49,318,676 129 54,753,488
69 2,210,760,000 113,400,000 5,400,000 32,040,000 61 38,109,836
主取 26 - - - - 30 -
20 - - - - 24 -
6 - - - - 6 -
  • ※1 平均価格前年比較  売却 5,907,074円 (12.0%) 低
  • ※2 出場頭数前年比較  11頭増
  • ※3 売却頭数前年比較  15頭増
  • ※4 出場馬に対する売却馬百分率 88.7% 前年 (86.4%)に対し  2.3%増
  • ※5 総売上額前年比較  8,918,100,000円 前年 (9,387,900,000円)に対し 469,800,000円( 5.0%)減(消費税込み)

総売上額は8,918,100,000円で急騰の前年からは5%ダウンも高水準
1歳・当歳合計19,366,560,000円は前年を6億円余上回り、3.5%増の驚異的レコード


 一般社団法人日本競走馬協会主催のセレクトセール当歳は、7月10日(火)、苫小牧市のノーザンホースパークにおいて開催された。上場頭数は231頭(牡156,牝75)、売却頭数は205頭(牡136,牝69)、売却率は88.7%で前年比2.3ポイントプラスとなった。総売上額は8,918,100,000円で前年比5.0%減、平均価格は43,502,926で、前年を12.0%下回った。中間価格は30,240,000円で16年と同価格。前日の1歳セールの過熱からは少しだけさめた結果となった。
 最高価格馬は父ディープインパクト、母リアアントニア(USA)の牡駒で、313,200,000円で東京都の(株)サトミホースカンパニーに購買された。牝の最高価格は父ディープインパクト、母ウィラビーオーサム(USA)の牝駒で、広島県のスマイルクラブに113,400,000円で購買された。
 種牡馬別ではディープインパクトが14頭中13頭売却、平均価格115,310,769円で首位、3頭以上売却種牡馬では、キングカメハメ94,608,000円、ハーツクライ60,171,428円と続いた。注目の初産駒世代種牡馬では、ドゥラメンテ48,713,684円(全体7位)、モーリス45,193,846円、ミッキーアイル31,860,000円の順。
 市場主催者の吉田照哉会長代行からは、「2日間の総売上額が193億6,656万円、売却率も89.7%で驚異的な成績だった前年を上回り、盛況ぶりに売り主側もただただ驚いている状況。世界一のせり市場だという内外の購買者の評価を再認識できた。今年はディープインパクト産駒に集中することなく、キングカメハメハやハーツクライ産駒、ドゥラメンテやモーリスの初産駒についても産駒個々について吟味され、高くかつ適正に評価され、幅広く購買いただいたように思う。サクソンウォリアー(JPN)など日本産馬が海外で活躍することで、日本のマーケットが更に評価される。購買者のニーズが当歳馬から1歳馬へ移っているようにも感じた。」とのコメントがあった。
(注:せりにおける価格はすべて消費税込みで記載しています)

最高価格馬

  上場番号 父馬名 母馬名 売却価格 購買者 販売申込者
400 ディープインパクト リアアントニア(USA) 313,200,000円 (株)サトミホースカンパニー (有)ノーザンレーシング
写真
477 ディープインパクト ウィラビーオーサム(USA) 113,400,000円 スマイルクラブ ノーザンファーム
写真