文字サイズ

文字サイズとは?




重賞ウイナーINFORMATION

  • サラ系2歳 (国際)(指定) 馬齢
  • 芝2000M
  • 天候:晴
  • 芝:良

グレイル

戦歴 2戦2勝 生産者 ノーザンファーム 馬主 (株)カナヤマホールディングス
調教師 野中賢二 騎手 武豊

取材ノート

 現3歳世代から厩舎長の数を増やし、より緻密な管理での育成馬の調教が始まったノーザンファーム早来。牡馬2つの育成厩舎を束ねる横手裕二調教主任だが、その3歳世代からアルアインが皐月賞(G1)を制覇。今年の2歳世代からもグレイルがラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)を優勝し、来年のクラシック出走を賞金面で確定させた。

 「初めて厩舎に来た頃からいい馬だと思っていました。乗り馴らしの動きも良かったですし、その頃から大物感はありましたね」と話す横手調教主任。しかし、グレイルはスケールの大きさを感じさせる一方で、完成度という意味では余地を残していた。

 「身のこなしが緩く、厩舎長やスタッフとも『良くなるのはまだ先だね』と話していた程です。実際に春先まではじっくりと仕上げていったのですが、6月を迎えた頃から一気に馬が良くなってきました」

 この頃のグレイルは坂路を登る手応えも抜群であり、調教を見ていた牧場の関係者からも「いつ入厩させるのか?」との声が横手調教主任にも届くようになっていた。

 「札幌や新潟でデビューさせるプランもあったほどでしたが、野中先生と話し合った結果、当初、予定していた秋デビューを目指してじっくりやっていこうというプランになりました」

 そこで成長を促せたことが、結果として功を奏する。不良馬場で行われたメイクデビュー京都だったが、グレイルは馬場の悪化も気にすること無く力強く伸びて勝利を飾ると、同条件で行われたこのラジオNIKKEI杯京都2歳S(G3)では、前回とは打って変わった速い流れのレースにも対応し、最後の直線では先に抜け出した1番人気のタイムフライヤーをアタマ差交わしてゴール板を駆け抜ける。

 「メイクデビューや重賞を勝ったあとですら、関係者の方からは『まだ緩さが残っている』と言われている中での勝利だけに、しっかりとしてくればまだまだ走りは良くなってくると思います。現時点でも内容のある勝ち方でしたし、今後がますます楽しみです」

 皐月賞馬となったアルアインに続き、来年も横手調教主任の元から巣立ったグレイルがクラシックホースとなっているのかもしれない。